広告

2009年07月29日

短期売買のコツ

 金太郎さん、ようやく短期売買のコツらしい指摘に出会いました。


 またまた親しい方だけに特別に公開ですよ。


 あまりに有効すぎて、みんなが知ってしまうと困ることになるかもしれないので、金太郎さんのお友達以外は絶対に続きを読まないで下さいね〜。



金太郎さんの長期投資日記トップへ戻る
 プロと呼ばれる人たちのアドバイスによると、株価は長期的にはファンダメンタルズを反映し、短期的には節目節目を動くそうです。


 つまり、節目節目を意識して売買すれば、怖いものなどなしッ!


 これから例として、日経平均の意識すべき節目を書いていきます。


 これでもう怖いものなし!




 まず、5日移動平均線。


 次に、25日移動平均線。


 75日移動平均線、100日移動平均線、200日移動平均線。


 7日移動平均線、8日移動平均線、9日移動平均線、10日移動平均線………以下略。


 ボリンジャーバンドより、+2σ、−2σ、+1σ、ー1σ………北海道にいるのは、ヒグマ。


(ボリンジャーバンドじゃなくて、ボラレルンジャーバンドが正しい表記ですな。)


 心理的な節目として、11000円、10000円、9000円、8000円、7000円、6000円。


 11500円、10500円、9500円、8500円、7500円、6500円。


 11510円、10510円、9510円、8510円、7510円、6510円。


 10001円、10002円、10003円、10004円………以下略。


 一目均衡表より、先行スパン2本、遅行スパン、基準線、転換線………もうワケが分かりま線。


 なお、どの節目が有効かは、後から分かります。


posted by 金太郎 at 20:12| Comment(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。