広告

2009年07月12日

CDS

 クレジット・デフォルト・スワップというデリバティブが、金融危機で大問題になっていました。


 企業の倒産による債務不履行時に損害を回避するための金融商品なんだそうです。


 金太郎さんの投資経験から言うと、わけの分からん横文字が並ぶと危険度が増していきますね。


 皆様も御注意を。


 で、実際に企業が倒産すると損害が補償されてしまうので、債権者からすれば場合によっては倒産してくれた方がいいそうです。


 なんだか、とんでもない仕組みですね。


 ま、最初は便利な金融派生商品だったんでしょうけどね。


 バフェットじいじは、さすがに本質を見抜いていたようで、以前から金融の大量破壊兵器だなんてな評価をしていたそうです。


 金太郎さん思うに、クレジット・デフォルト・スワップの損害を補償するデリバティブが必要ですな。


 名付けて、



 CDSS(クレジット・デフォルト・スワップ・スワップ)



 でも、これもウォール街のあほおどもが危険なものにしてしまう恐れがあるので、さらに派生商品をば。


 名付けて、



CDSSS(クレジット・デフォルト・スワップ・スワップ・スワップ)



 それでもやっぱり不安なので………(以下略)


 ぼそっ


 最初からいらんわ、こんなも〜ん!



金太郎さんの長期投資日記トップへ戻る
posted by 金太郎 at 21:58| Comment(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。