広告

2009年05月09日

2ケタ減益でも嬉しい商社の決算

 ラーメンから航空機まで、世界を股にかけて商いをする金太郎さんの貿易業、商事と住商が2ケタ減益です。


 今期10年3月期も厳しく、商事が41%、住商が47%の純利益の減少を見込んでいます。


 いつもならゲッソリですが、時期が時期なので妙に嬉しいです。w


 くすくす、黒字ですよ、黒字!(←何て志の低い感心の仕方でしょう。)


 商社、特に商事は、金太郎さんが金融危機の最中、真っ黒な心で真剣に利益を取りにいっている企業です。


 日東電工や帝人やバンダイナムコのように、少々利益が上がらなくても良いという企業体ではないのです。


(↑ お前のポートフォリオは趣味だらけか〜い!)


 ところで、東京は上野公園のすぐ近くに旧岩崎邸という明治時代に建てられた、それはそれは素晴らしい建物があります。


 三菱財閥創設者・岩崎弥太郎の邸宅だった建物です。


 英国人のジョサイア・「コンドル」の設計によるもののせいか、観光客でよく混んどります。


(↑ 上野公園から少し離れていて、そんなに混んでません。)


 弥太郎は建物着工時に、「いっちょ、やったろう!」と気合いを入れたという話です。


(↑ まるっきりのウソとも言えませんが、多分、大ウソです。)


 商事に限らず、三菱へ投資する時は必ずお参りに行っておきたい場所です。


 1株でも投資すれば、旧こんつぇる〜んの一員です。


 明治のどさくさに紛れて成り上がった岩崎弥太郎が、きっときっと助けてくれるはずです。



金太郎さんの長期投資日記トップへ戻る

posted by 金太郎 at 10:53| Comment(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
広告

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。